台風など自然災害で家が壊れたら火災保険が下りる?保険適用工事をプロが解説!

弊社は外壁塗装工事のプロですが、それ以外にもちょっとした修繕・リフォームも手がけています。ありがたいことに多くのお客様からご相談を受けていますが、そんな中でも特に悩まれているお客様が多いのが「雨樋の補修」です。

雨樋は、台風や大雨などの影響で壊れることがあるのですが、修理に足場が必要になり、思ったよりも高額の代金となるので修理をためらう方もたくさんいらっしゃいます。

「雨樋が壊れたけど、見た目は問題ないし……」

「今は水漏れしていないから、とりあえず放置でいいかな」

と修繕を諦めてしまいそうな方に、弊社は「一度現場を見せていただけませんか?」とお声がけしています。意外と知られていないのですが、実は【大雨や暴風などの自然災害】が原因でお住まいが損害を受けた場合、「火災保険」が適用されて工事費が支給されますなので、火災保険を使って修理できてしまうことが多いのです。

弊社は保険適用工事も多く手がけてきましたので、今回は「火災保険を使って雨樋(その他自然災害被害箇所)を直す方法」を詳しくお伝えします。

自然災害で受けたお家のダメージが「火災保険」で補償されるのはどんなとき?

火災保険は火事になったときのみの保険とお考えの方が多いのですが、実は「風災」「水災」「落雷」などの被害も補償の対象になる場合がございます。

つまり、台風や強風で自宅の屋根が飛んでいってしまったり、雨樋が壊れたりという被害は「風災」や「水災」による損害となり、火災保険の補償対象なんですね。

他にも、

・台風の後、天井から雨漏りするようになった

・暴風の影響で、カーポートの屋根が破損した

など、事例を挙げるとキリがありません。まずは、どうして家が壊れてしまったのかを含めてお話をお聞かせください。弊社はこれまでに数多くのお客様の保険請求のお手伝いをさせていただいております。

※火災保険や地震保険などの損害保険には、被害に遭われてから【法律上3年】という請求期限がございます。
ご注意ください。

※日本経済新聞 2021.2.21掲載「火災保険の見直し 補償範囲や特約・付帯も確認 〜FPがお悩み解決〜」より引用しました下記の図も分かりやすいので、ぜひ参考にしてください。

日本では、かなり多くの方が「火災保険」に加入していらっしゃいます。ご加入のタイプによって補償が受けられるかどうかは異なりますので、下記ブログも参考に、今一度ご加入されている保険のプランをご確認くださいね。

火災保険リフォームについて
知らないと損をする自己負担なしで屋根を補修する方法 ここ数年、日本でもゲリラ豪雨や突風など、激しい気象条件に見舞われる機会が増えました。そのため、住宅への被害も増えて、思わぬ出費で頭を悩まされている方が増えています。 ...

注意! 悪徳業者に気をつけて!

残念ながら「ちょっと原因が違うけど、火災保険を適用して工事費を抑えましょう」と持ちかけてくる悪徳業者もいます。本来保険が下りないはずなのに、裏技のように保険が使えると提案してくる業者はとても危険です。

保険適用外の工事だと知りつつ保険が下りるかのように嘘をついて工事を進めて、多額な工事費用を請求し、保険が下りなくてもそのまま工事を続行する、という信じられない悪徳業者もいます。他にも、保険が下りるようにと、実際の被害状況とは異なる虚偽の申請をお客様に勧めて騙すという手口もあります。

「火災保険の補償で工事費用が支払われる可能性がある」のは確かですが、保険の補償範囲無条件ではありません。「無料で工事できますよ!」という甘い話に飛びついて大損してしまったという話もありますので、くれぐれも詐欺にはご注意ください。

弊社は、保険が適用できる可能性や補償範囲について、事前にきちんとお話しし、ご納得いただいた上で工事を進める形をとっております。無理に工事を勧めたりはしませんので、安心してご相談ください。

保険が下りないのはどんなとき? 経年劣化は補償対象になる?

「じゃあ、うちは保険が下りるのかな…?」と心配になってしまいますよね。

今回は雨樋の例でお話ししますが、壊れた原因が経年劣化の場合(古くなって壊れた場合)、自然災害が原因ではありませんので保険は適用外となります。

けれども、「もう古い雨樋だし、経年劣化ですよね……」と諦めていたお客様のところへ弊社が現地調査に伺うと、風災補償の対象になると判断されるケースも少なくありません。

私は、お客様により正確に保険適用情報をお届けするため、火災保険適用工事の専門家として「自然災害鑑定士」の資格も取得しております。

たとえば、普通に屋根の工事をしたいとご相談をいただいたお客様のご自宅を訪問し現場を確認すると、風災被害だとわかることがあります。この場合、火災保険の補償が受けられますとご案内し、保険適用での工事をお申し込みいただいた事例もございます。

「思いがけず保険金が下りて、工事費用全額が自己負担でなくなった」

とのお喜びの声を頂くと、弊社としてもとても嬉しく思います。私も、資格を取得してよかったと思える瞬間でした。保険適用について知識がない担当者の場合、このような提案はできなかっただろうとも思います。

保険適用だけでなく修繕経験・知識が豊富な弊社にぜひお問い合わせください!

今回ご案内した「雨樋の補修」の事例ですと、今困っていないし工事費用が高額になりそうだからと、どこにも相談せずに放置してしまう方もいらっしゃいます。

けれども、放置することで、より家が傷んでしまって雨漏りなどの被害に遭うことも考えられます。将来後悔されることがなるべくないように、皆様のお力になりたいと弊社は考えております。

これまでたくさんの火災保険適用工事を実施してきた経験と専門的資格を活かし、皆様の大切なご自宅のリフォーム・修繕をお手伝いさせていただきたく思います。

保険適用や家の破損、修繕に関して気になることがございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

========================================

最終的には、塗装業者の誠実さで命運を分けます!

建物の塗替えをする際に、何よりも大切なのは、「塗料の機能は、塗装職人の技術による適切な塗装により、建物を長く良い状態に保ってくれる」ということです。

建物の状況によって、最適な塗料は変わります。

塗装の技術力とご提案には、ぜひ一度、練馬区の塗装会社〈住まいるペイント〉にご相談ください。誠実な対応をさせていただきます。

========================================

《営業エリア》練馬区を中心に東京都内および近郊

お気軽にお問い合わせ下さい!!

 

住まいるペイント

お問い合わせ

FAX:03-5935-9163
営業時間8:00~20:00まで
※お問い合わせ以外の営業電話はご遠慮願います。
© 株式会社住まいるペイント
All Rights Reserved.