火災保険でリフォームする手順

火災保険でリフォームする手順について

台風や雹、雪で屋根が傷んでいるから火災保険で直したいという場合、一番気になるのが申請手続きやリフォームの流れです。

ここでは、火災保険を使ってスムーズにリフォームをおこなう流れをご紹介します。

弊社にて現地調査とお見積

弊社にて現地調査とお見積
火災保険適用の有無にかかわらずリフォームはすべて現状の把握から始まります。最初に弊社担当者がご自宅へお伺いし、直したい部分を拝見させていただきます。現地調査で実際の傷み具合などを確認させていただいたうえで、工事費のお見積りをさせていただきます。

この段階で火災保険が適用されるかどうかの判断をさせていただきます。

弊社にて保険会社提出書類作成

弊社にて保険会社提出書類作成
弊社は火災保険を適用したリフォームを多くおこなっておりますので、火災保険の申請に関しても精通しております。そのため、手続きが大変そうと思われている保険会社宛ての「風災による被害であることを的確に伝える書類」を弊社で作成させていただきます。 この書類が火災保険適用の可否でも大きく影響してきますので、経験豊富な弊社へお任せください。

お客様より保険会社へ連絡

お客様より保険会社へ連絡
弊社での書類作成が終わりましたら、いよいよ保険会社との交渉に入ります。お客様から保険会社へ「風災によって被害が出た」とお伝えください。

保険会社からお客様へ内容確認・提出依頼

お客様からの申し出をもとに保険会社からご契約内容の確認や必要書類ご提出についての案内が入ります。ご案内をもとに必要書類のご準備をお願いいたします。

お客様より保険会社へ提出

保険金請求書、損害額を証明する書類(修理見積書)、写真等、保険会社から提出を求められた書類を提出してください。書類を準備される中でご不明なことがありましたら保険会社にご確認いただくか弊社担当者へご相談ください。

保険会社にて審査・支払額の決定

保険会社にて審査・支払額の決定
お客様がご提出された書類の内容をもとに保険会社が支払い金額を決定します。ここで経年劣化が原因と判断されると保険対象外になってしまうので、風災と判断できる適切な書類の提出が大切です。

保険会社からお客様へお支払い

保険会社で風災による損害と認定されると保険金がお客様へ支給されます。

修理・リフォーム工事着手

修理・リフォーム工事着手
保険金の支給が決定しましたら、実際に弊社が屋根の工事をおこないます。

火災保険で屋根の修理をお考えの方へ

火災保険で屋根の修理をお考えの方へ

火災保険を使って屋根を修理したいとお考えの方は、まず住まいるペイントへお問合せください。

ご自身でいきなり保険会社へ連絡をして申請をしようとしてしまうと、保険会社の担当者との会話の中で、余計な一言を言ってしまったがために火災保険を適用できなくなってしまったという事例もあります。せっかく、お支払いになっている火災保険を無駄にしないよう、弊社が確認・お客様とのお打合せをしたうえで十分な書類をそろえてから申請されることをおすすめします、 住まいるペイントは、火災保険で屋根を修理・リフォームするために、必要になるノウハウを持っていますので、どんな些細な疑問でもお気軽にご質問ください。

大切なご自宅の屋根修理・リフォームを弊社が全力でお手伝いさせていただきます。

住まいるペイント

お問い合わせ

FAX:03-5935-9163
営業時間8:00~20:00まで
© 株式会社住まいるペイント
All Rights Reserved.