年末の大掃除を成功させたい方必見!家の外側のお掃除方法は?ベランダ・デッキ編

練馬区の外壁塗装 豊富な塗料と施工実績で評判の【住まいるペイント】です。

今年も残るところ2ヶ月弱。大掃除の季節が近づいてきましたね。

「心機一転、来年こそは綺麗なマイホームで過ごそう!」

と気持ちだけ張り切っても、掃除が面倒な場所はついつい後回しに……。だからこそ、手軽にお掃除できるテクニックを知ることも大切ですね。

ところで、「掃除!」という言葉を聞くと、なんとなく家の中の掃除を連想してしまいますが、ベランダやデッキ部分のお手入れ状況はいかがでしょうか?

最近はベランダやデッキ部分で洗濯物を干すだけではなく、家庭菜園などを楽しんでいる方も多いですよね。そうなると、土がこぼれたりと何かと汚れているはず。また、常に雨風にさらされる場所でもあるので、外壁同様、土埃や鳥のフンなどの汚れも付着しているかもしれません。

このような汚れは、塗装の劣化を早める原因にもなってしまいます。屋根や外壁については、高所作業を含みますのでプロの手が必要になってきますが、ベランダやデッキはご自分でお手入れもできますから、大切な自宅のためにこの機会に大掃除はいかがでしょうか? 

そこで今回からは、日頃からできる家の外側のお掃除方法やテクニック、注意事項などをピックアップしてご紹介していきます。年末の大掃除に向けて今からお手入れを始めてみましょう!

ベランダやバルコニー部分の「汚れ」と「お手入れ方法」

そもそも、室内に比べれば、ベランダやデッキ部分が汚れていてもさほど困りませんよね。そのため、お手入れは後回しになってしまいがちです。

けれど、汚れたまま放置してしまうと、壁や床に汚れがこびりついて、より落としにくくなってしまいます。さらに、ベランダの床材には防水処理が施されていますので、ゴシゴシ力まかせに強く擦ってしまうと加工が剥がれ、そこから水が染み込んで雨漏りの原因になることも。
そのため比較的早い段階で汚れを見つけ、正しい手順でお手入れしていくことをお勧めします。

それでは、ベランダ・デッキ部分によく見られる汚れと、お手入れ方法をご紹介します!

●鳥のフン
鳥のフン、イヤですよね。すぐに掃除してしまいたくなるでしょうが、注意事項があります。
鳥のフンは病原菌を含んでいる可能性もあります。

フンの粒子を吸い込まないよう、必ず、マスクと手袋を装着した上で作業を行なってください。

さて、オススメのお掃除方法は、雑巾やキッチンペーパーを使った拭き掃除です。
こびりついている場合は、先にふやかした方が汚れを落としやすくなります。少量ずつぬるま湯をかけて、汚れがゆるまるのを待ちましょう。しばらくして取れやすくなったタイミングで、キッチンペーパーなどを使用して拭き取ってください。

●サビ
ベランダ部分のサビ、目立ちますよね。この場合は、サンドペーパーを使用してサビを落とすことができます(ホームセンターなどで購入できます)。
もし、なかなか落ちないサビが見つかったら、ワイヤーブラシを使用して削らなくてはならないかもしれません。サビが落ちたら、その後はサビ止め塗料で下塗りし、完全に乾いているのを確認してから仕上がり剤を塗布して完了です。

……と、ここまで聞いて、道具も手順も色々あって、結構面倒だと感じた方も多いと思います。

実は、弊社ではご自身でサビ部分をお手入れしていただくことはお勧めしておりません。特に、ベランダ部分の手すりや鉄柵部分は、下地処理を含む熟練技術が必要です。正しい処理ができていないと、すぐに塗装が剥がれてしまい、他の部分に悪影響があることもあります。

弊社の場合、ベランダも含めた無料点検を実施しておりますので、サビが気になるようでしたらお気軽にご相談くださいね。

コケ

コケがまだ生えたばかりなら、ホームセンターで売られている家庭用のコケ洗浄液を使って綺麗にお掃除できます。少量吹きかけて10分ほど放置してから、古い歯ブラシでこすっていきましょう。

コケ洗浄液を買うほどではないなあ…と思った方は、少量の熱湯を数日に分けてかけていき、コケを枯らしていく方法もありますよ。ただ、熱湯が掛けられない場所に生えてしまったコケには使えません。

他にも、家庭洗浄では落ちない頑固なコケもあります。この場合は、高圧洗浄機で洗浄する方法をお勧めします。
※ただし、高圧洗浄をする際ですが、塗膜へ高圧洗浄をすると塗膜が傷みます。塗装をすることを前提に高圧洗浄を行ってください。

また、最近では防カビ効果のある塗料も発売されていますので、こういった塗料を塗布するとコケも生えにくくなります。

「いっそ汚れない家に!」と、最新の汚れにくい塗料に興味がある方は、お気軽に弊社までお問い合わせください。

他にもこんな症状には要注意! 一度プロによる点検を!

ベランダや手すりの汚れをチェックしてみたら、塗装の剥がれなどが見つかる場合もあります。なんだかおかしいな、と思ったらまずは専門家に点検を依頼してみましょう。

特に、ベランダ部分でひび割れが見つかったら要注意! 築3年から5年ほどで現れたヒビは、緊急性が高くない場合は多いです。ただ、大きな破断や亀裂が見つかったら注意が必要です。そのまま放置してしまうと雨漏りの原因や建物内部の腐食、シロアリ被害へとつながる可能性もあります。
不安に思ったら、早めにプロの業者に点検を依頼し、必要に応じてメンテナンスすることをお勧めします。

まとめ

自分の家を外からしみじみ眺める機会はあまりないと思いますが、時間と共にさまざまな外的要因でお家は汚れて傷んでいきます。けれど、日頃からできる範囲でお掃除やお手入れをしていけば、綺麗で長持ちする住まいに住み続けることができます。

今回のベランダやデッキ部分についての記事が、これからのお家のお手入れにお役に立ちますと幸いです。

次回は、第二弾! 雨樋部分のチェック方法やお手入れ方法をお伝えしていきますので、楽しみにしていてください。

========================================

最終的には、塗装業者の誠実さで命運を分けます!

建物の塗替えをする際に、何よりも大切なのは、「塗料の機能は、塗装職人の技術による適切な塗装により、建物を長く良い状態に保ってくれる」ということです。

建物の状況によって、最適な塗料は変わります。

塗装の技術力とご提案には、ぜひ一度、練馬区の塗装会社〈住まいるペイント〉にご相談ください。誠実な対応をさせていただきます。

 

========================================

《営業エリア》練馬区を中心に東京都内および近郊

練馬区の外壁塗装は〈住まいるペイント〉へお気軽にお問い合わせ下さい!!

 

 

住まいるペイント

お問い合わせ

FAX:03-5935-9163
営業時間8:00~20:00まで
※お問い合わせ以外の営業電話はご遠慮願います。
© 株式会社住まいるペイント
All Rights Reserved.