梅雨の時期に外壁塗装はできる? できない? この時期ならではのメリット・デメリットを大解説!

練馬区 外壁塗装 豊富な塗料と施工実績で評判の住まいるペイントです。いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

外壁塗装を「いつ」始めるかは悩みどころですよね。

一般的に、人気の季節は春(3〜5月)か秋(9〜10月)です。

今ちょうど関東が梅雨に入りましたが、正直なところ「梅雨どき」は不人気と言えます。

では、その理由は?

ズバリ「雨が降っていると塗料が塗れないから」です。考えてみれば当たり前ですよね。そうなると、ご相談のお客様からは「梅雨の時期は外壁塗装工事ができないんですよね」とのお声を頂きます。

でもそれは誤解です!

梅雨の時期でも「外壁塗装」ができないわけではありません。天気に左右されて工期が延びる可能性はありますが、「梅雨の時期に外壁塗装を依頼する」ことはメリットもあるんです!

そこで今回は、梅雨どきの外壁塗装工事について、現場ならではの情報を交えながらお伝えしていきます。ぜひ、最後までお読みください!

 

1.梅雨の時期に外壁塗装工事はできる? できない?

1-1 梅雨の時期に外壁塗装工事はできる!

「雨が降っていると塗料は塗れないんじゃないの?」
確かにその通りです。しかし、結論から申し上げますと梅雨の時期でも「外壁塗装工事」は可能です!

梅雨の時期は毎日が雨ではありませんし、そもそも外壁塗装工事は「塗る」以外の作業もたくさんあります。まずは外壁の汚れを落とすところからですが、これは雨の日でも作業できます。

このように、外壁塗装工事の詳しい流れを知っておくと「梅雨の時期でもできる」ことがわかりやすいと思います。当ブログでは、工事の工程を女性のお化粧に例えてしっかりと説明している記事もございますので、ぜひご一読ください。

🌱【外装リフォーム成功のための豆知識②】🌱 外壁塗装は家のお化粧?慣れない方にもプロがわかりやすく説明します!
練馬区  外壁塗装 豊富な塗料と施工実績で評判の【住まいるペイント】です。 「そろそろ家のメンテナンス時期だけど、「外壁塗装」ってよくわからない」 初めて外壁塗装について調べていると、色々な専門用語が出てきて混乱してしま...

たとえば、塗料を塗るまでの準備、足場の設置、高圧洗浄、養生はがしは雨天でも可能です。
それに、雨が多いのは梅雨どきだけではありません。秋の台風や春雨の時期も雨続きの日々だったりしますよね。つまり梅雨だからといって、工事ができないということはないんです。

それに塗料メーカーも湿度に強い塗料を発売していますし、作業の基準環境は以下のようになっています。

 

【塗料メーカーが出している外壁塗装可能な基準例】

・湿度85%未満
・気温5度以上
・天候が晴れ、または曇り

そして梅雨の時期は、雨が降っていなければ、だいたいの湿度は70%。
曇りの日なら塗装作業もOKです!

 

1-2 梅雨の時期でもそうでなくても、雨の日の塗装だけはできない!

「そもそも、雨が降ると塗装できないのは何故?」
これは基本的なことですが、知っておくとちょっと外壁塗装の仕組みが見えてきます。

雨の日に塗装できないのは、「塗料に雨水が入り込んでしまうことで、塗料の効力を弱めてしまうから」です。せっかく新しい塗料を塗っても、外壁を保護できないのでは困りますよね。

それに、雨天時の湿度は85%以上になりますので、塗料が固まりにくくなり、完成後の仕上がりが悪くなってしまいます。もし「梅雨だけど、うちは工期を早める工夫をしています。少しの雨だったら塗装できますから!」と言ってくる業者がいたら、絶対に避けてください。折角の工事が無駄になりかねません。

オススメは「すみませんが、雨の日は塗装できません」と、はっきり言ってくれる業者です。
業者選びの参考にしてくださいね。

 

2.梅雨の時期に外壁塗装を依頼するメリット・デメリットは?

外壁塗装工事は、梅雨の時期でも作業可能!
でも、可能かどうかと「頼むかどうか」は別問題ですよね。

「不人気なんだから、自分も他の時期に頼もう」

とお考えの場合、一度メリットについても知っておくと、もしかしたらお得な情報があるかもしれません。

 

2-1 梅雨の時期に外壁塗装を依頼するメリットとは? 

弊社からご案内できるメリットは2つ。

メリットその1:予約が取りやすい

一般的に外壁塗装工事の繁忙期は春(3〜5月)か秋(9〜10月)です。この時期は、どの業者も予約が非常に取りにくくなります。お問い合わせが殺到するので、泣く泣くお断りすることも……。

ところが一転、梅雨の時期に工事を予定すると、予約が取りやすくなります。工事日の希望も通りやすいので打ち合わせもスムーズです。

メリットその2:お得に工事ができる可能性がある?

梅雨時期はどの業者も閑散期。そのため、お得に工事ができるキャンペーンを打ち出す会社もたくさんあります。実は弊社も、キャンペーンを検討中。ブログ読者様特別特典も計画しておりますので、ぜひまたチェックしに来てくださいね^^

 

2-2 梅雨の時期に外壁塗装を依頼するデメリットとは?

先ほどお伝えしたとおり、梅雨の時期でも、しっかりと天気や湿度を考えながら作業すれば、外壁塗装工事の質が落ちることはありません。

「じゃあどんなデメリットがあるの?」

それは「工期が延びる可能性が高い」ことです。雨が降れば、塗装作業は延期となります。梅雨の時期は、天候を確認しながら、工事業者と相談して工事を進めていくのがよいでしょう。

 

3.まとめ

今回は、梅雨の時期の外壁塗装に関する注意点やメリット、デメリットを詳しくお伝えしました。

天気はどうしてもコントロールできませんが、私たち塗装業者は、日々の天候を把握して工期を組んでおります。できるだけお客様のご要望にお答えできるよう尽力いたしますので、ご希望はお気軽にお伝えくださいね。

ところで、お住まいのお困りごとがあるのに「梅雨が終わるまで待とう」と思っていらっしゃる方、『善は急げ』です。弊社では、今できることはないかどうか、無料で診断やご相談を承っております。雨漏りなど最悪の事態が起きてしまう前に、まず一度お問い合わせください。

それでは、弊社の次のキャンペーンを楽しみにお待ちくださいね^^

 

========================================

最終的には、塗装業者の誠実さで命運を分けます!

建物の塗替えをする際に、何よりも大切なのは、「塗料の機能は、塗装職人の技術による適切な塗装により、建物を長く良い状態に保ってくれる」ということです。

建物の状況によって、最適な塗料は変わります。

塗装の技術力とご提案には、ぜひ一度、練馬区の塗装会社〈住まいるペイント〉にご相談ください。誠実な対応をさせていただきます。

========================================

《営業エリア》練馬区を中心に東京都内および近郊

練馬区の外壁塗装は〈住まいるペイント〉へお気軽にお問い合わせ下さい!!

 

住まいるペイント

お問い合わせ

FAX:03-5935-9163
営業時間8:00~20:00まで
※お問い合わせ以外の営業電話はご遠慮願います。
© 株式会社住まいるペイント
All Rights Reserved.