外壁劣化のサイン!?チョーキング現象とは

皆さん、こんにちは。

練馬区  外壁塗装 豊富な塗料と施工実績で評判の【住まいるペイント】です。
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今回は、あまり聞きなれないかもしれない「チョーキング(白亜化)現象」についてお話していきます。

ALCパネルやサイディング、モルタルなどの外壁を触ると白い粉のようなものが手に付いたという経験をしたことがある方は多くいらっしゃるでしょう。

その現象の正体は「チョーキング(白亜化)現象」と呼ばれる外壁の劣化症状の一つです。

大切な住宅の維持するためにも、外壁のチョーキング現象の確認方法や、具体的な原因とその対策について知っておいた方が良いでしょう。

目次

1.壁に触れると白い粉がつく?!劣化症状の一つであるチョーキング(白亜化)現象とは?

チョーキング現象

外壁の劣化症状の一つである「チョーキング(白亜化)現象」とは、塗料の成分である顔料が、外壁表面に白い粉となり出てきてしまう事です。

外壁の塗装表面が、熱や日射、風雨などの影響を受けることで劣化してしまう現象で、壁を触ると手に白い粉が付きます。

多くのチョーキング現象は白い粉が洗られることが多いですが、外壁の色と同じような色の粉末が付着している場合でも、

チョーキング現象の可能性があります。

チョーキング現象が起きているかのチェックは一般の方でも出来る外壁の防水機能が失われてきているという外壁の劣化症状のサインです。

症状が見られたら放置せず、一度外壁塗装専門店に相談してみましょう。

住まいるペイントでは無料相談・無料診断を行っています。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはコチラから

2.チョーキング現象の確認方法とは

外壁を手で触るとに粉がつくか

外壁を手で触ったとき、手に白い粉が付着したらチョーキング現象が起きている判断できます。

劣化の進行度として、壁の色の粉がうっすらと手につく程度なら、そろそろ外壁塗装工事をしようかなと検討して頂きたいと思います。

しかし、しっかりと手に粉が付着するようでしたら、劣化症状が進行しているため早く塗装工事を依頼することをおすすめします。

濡れたときに変色するか

雨が降って外壁が濡れると外壁が変色する場合があります。このような場合のチョーキング現象が起こっている可能性があります。

外壁塗料の防水性能が低下してきている証拠なので、放置していると雨水が屋内に侵入し、雨漏りや建材の腐食に繋がる可能性があります。

3.チョーキング現象が起こる原因とは

風雨や日射による劣化

チョーキング現象が起こる原因のほとんどは、太陽からの日射や風雨による劣化です。また、外壁塗料に含まれている顔料は粉末状の物質です。

顔料とシリコンやウレタンなどの合成樹脂、添加剤を混合し、水やシンナーで薄めることで、外壁に使われる塗料が作られます。

チョーキング現象が起こりやすい場所とは

チョーキング現象は、特に太陽光が良く当たる場所に発生します。

日当たりが良い方向の外壁や、西日が当たる外壁、2階や3階、バルコニーの壁などは注意深く確認しましょう。

一度チョーキング現象が起ると、放置していて直ることはありません。どんどん悪化し、別の劣化症状に繋がる可能性もございます。

塗料の状態に少しでも不安を持たれた方は、早めに専門店に相談してもらいましょう。

また、チョーキング現象が見られなくても、外壁塗装の寿命は10年ほどといわれているので、

10年に1回ほどは外壁の点検を行って頂くことをおすすめします。

4.チョーキングを放置してしまうと、起こりうる事態とは?

チョーキング現象は塗装表面の劣化が進んでいるというサインです。外壁を保護するという塗装の性能がなくなってきており、中でも防水性能が低下しているというサインです。

チョーキング現象を放置しておくと、外壁は雨水をはじくことが出来なくなり、藻やコケ、カビなど塗装表面の汚染に繋がっています。

さらに放置し悪化すると、外壁の(ひび割れ)が起きる危険性もあります。

※弊社のブログでは、「外壁の劣化、放置は危険です! 自分で外壁の劣化をチェックできるポイントを紹介します!」というタイトルでご説明している記事もございます。ぜひご覧ください。

🔖外壁の劣化状況のチェックポイントとは~その1~2022最新版
~2022年更新~ 練馬区  外壁塗装 豊富な塗料と施工実績で評判の【住まいるペイント】です。 本日は自分で外壁の劣化をチェックできるポイントを紹介します! 外壁塗装は、住宅にとって欠かすことが出来ない大切な工事です。 ...

5.まとめ

本日は外壁の劣化症状の一つである「チョーキング現象」についてお話してきました。

チョーキング現象は軽い劣化症状であるとはいえ、外壁の劣化が進行しているというサインです。

チョーキング現象が見られた際は、外壁塗装だけでは済まなくなる前にぜひ外壁塗装をご検討ください。

住まいるペイントでは無料相談・無料診断を行っています。少しでも不安があるという方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはコチラから

========================================

最終的には、塗装業者の誠実さで命運を分けます!

建物の塗替えをする際に、何よりも大切なのは、「塗料の機能は、塗装職人の技術による適切な塗装により、建物を長く良い状態に保ってくれる」ということです。

建物の状況によって、最適な塗料は変わります。

塗装の技術力とご提案には、ぜひ一度、練馬区の塗装会社〈住まいるペイント〉にご相談ください。誠実な対応をさせていただきます。

========================================

《営業エリア》練馬区を中心に東京都内および近郊

練馬区の外壁塗装は〈住まいるペイント〉へお気軽にお問い合わせ下さい!!

住まいるペイント

お問い合わせ

FAX:03-5935-9163
営業時間8:00~20:00まで
※お問い合わせ以外の営業電話はご遠慮願います。
© 株式会社住まいるペイント
All Rights Reserved.