🔖 外壁工事で失敗しないための自己防衛知識 〜その8〜 外壁塗装工事にかかる費用の「項目」について教えて!

外壁塗装工事にかかる費用の「項目」について教えて!

「相見積もりをとったけれど、同じ工事なのに見積額が違う」

「この「項目」っていうのは何?」

「そもそも見積もりをどう見たらいいかわからない」

よくこのようなお悩みをお客様から相談されます。

 

外壁塗装工事の見積もりは、共通の仕様はありません。業者によって書き方が異なります。

今はインターネットが普及し、業者選びもネットでするという方が多くなりました。

そのため、複数の業者から見積もりを取り寄せるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、届いた見積もりを見てみると、どの費用がどの「項目」に入っているかは、とてもわかりにくくなっています。特に初めて外壁塗装工事をお考えになる方は、見たこともない専門用語ばかりで混乱してしまうでしょう。

私は業界に25年以上長くいるので、見積もりを見ただけで「この工事は適正価格なのか」「この見積書を出した業者は、信頼できる業者か」を判断することができます。しかし、慣れていない方からすると、適正価格かどうか、必要な工事なのか、という点はわからなくても、当然でしょう。

けれど、そのまま契約することもできませんよね。

そこで今回は、見積書の「項目」から外壁塗装工事の一般的な相場まで詳しくお伝えします。

外壁塗装工事にかかる費用は2種類

外壁工事には、(1)「直接塗装工事にかかる費用」と(2)「塗装工事以外の費用」の2種類があります。

 

(1)「直接塗装工事にかかる費用」というのは、外壁塗装そのものにかかる費用です。

つまり、塗料などを含む材料費と、人件費のことですね。

見積書には以下の「項目」で記載されていることが多いでしょう。

・外壁塗装(上塗り・下塗り)

・屋根塗装(上塗り・下塗り)

・現場管理費 など

 

≪ここで注意!≫
これらの項目を分けて記載せず、塗装工事一式などと記載している見積書があります。

そういう見積書を出す業者は、工事代金を水増ししている可能性もあります。「一式」というまとめた表記ではなく、外壁の面積(ペンキを塗る部分)などが数値で正しく記載されているのかを確認してください。

信頼できる会社ほど、見積書の項目は細かく、作業内容をはっきりと記載しています。

もし「塗装工事一式」のような項目がまとまった見積もりを受け取った場合は、契約前に費用の内訳を明確にしなければなりません。まずは担当者に確認するようにしてください。

見積書が細かくなくても、質問にしっかりと納得できる回答をしてくれる業者であれば、信頼できる会社と言ってよいでしょう。

次に、(2)「塗装工事以外の費用」についても見ていきましょう。

見積書に、以下の5つのような項目の記載はありますか?

・足場費

・ネット養成費

・マスキング費

・シーリング(コーキング)工事費

・高圧洗浄費

これらは、塗装工事とはまた別に必要な費用です。

まず足場を組まなければ塗装もできません。この5つの項目は、外壁塗装工事に必要な作業なので、これが含まれていない見積書をもらったときは、何故そうなるのかを確認してください。

この2種類の費用をまとめて、外壁塗装工事の適正価格が出てきます。

一般的なご家庭(延べ面積30〜35坪)なら、各建物ごとに、傷み・素材などの状況により見積り額は異なりますが、一般的に総額80~120万円くらいが相場になります。見積書がこのくらいの価格であれば、その業者は間違いなくあなたが満足できる工事をやってくれるでしょう。

弊社ブログには、見積もりを受け取ったら「必ずチェックすべきポイント」をまとめた記事もございます。そちらも併せてご覧くださいね。

🔖 外壁工事で失敗しないための自己防衛知識 〜その7〜 外壁塗装の見積書を出してもらったら? チェックポイントを大公開!
外壁塗装の見積書を出してもらったら?チェックポイントを大公開! インターネットで検索すると沢山の外壁塗装業者が見つかります。 そこで、工事を考えているお客様は、いくつかの会社に無料見積もりをお願いすると思います。 ところが……...

 

≪まとめ≫
外壁塗装工事は、定価を定めるのが難しい工事です。同じ家はどこにもなく、一軒一軒事情が違うからです。

たとえば、足場が組みにくい立地の場合は、追加費用がかかります。他にも、塗布する塗料の種類やご自宅の大きさによっても価格が変わります。

けれども、適正価格を推察することは可能です。

お客様の目線に立って最適な工事を提供できる優良業者なら、見積書にしっかりと工事に必要な項目が記載されています。そういう見積もりには漏れがなく、過剰な工事もありません。そして、不明な点があれば、お客様が納得するまでしっかりと説明してくれるのが優良業者です。

見積書は読み解き方が難しいですが、逆に言えば、見積書を見ることで優良業者かどうかを見極めることもできるんですね。

そして、「相見積もりをとったけれど、見方がわからない」などのお悩みがありましたら、ぜひ弊社にご相談ください。「項目」ごとに何の工事費用なのかも含め、お客様が安心できるまでご説明いたします。

「お願いしてよかった!」と工事が終わったときにお声がけいただける外壁塗装工事を提供すべく、日々誠実に仕事をしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

〈住まいるペイント〉では、ご要望やご予算に合わせた3~5パターンのお見積書にてご提案をしております。

選ぶ塗料の種類によって、お見積額も異なってきますが、建物の壁の素材に適した塗料をお勧めしながら、しっかりとお客様とお打ち合わせをすることを大切にしております。

 

========================================

最終的には、塗装業者の誠実さで命運を分けます!
何よりも大切なのは、「塗料の機能は、塗装職人の技術による適切な塗装により、建物を長く良い状態に保ってくれる」ということです。

建物の状況によって、最適な塗料は変わります。

塗装の技術力とご提案には、ぜひ一度、練馬区の塗装会社〈住まいるペイント〉にご相談ください。誠実な対応をさせていただきます。

========================================

《営業エリア》練馬区を中心に東京都内および近郊

お気軽にお問い合わせ下さい!!

住まいるペイント

お問い合わせ

FAX:03-5935-9163
営業時間8:00~20:00まで
© 株式会社住まいるペイント
All Rights Reserved.