外壁塗装・屋根塗装を行うべきタイミングとは!?

練馬区・中野区・杉並区の皆さんこんにちは。
練馬区の安心と信頼の外壁塗装・屋根塗装専門店 住まいるペイントです。

外壁塗装・屋根塗装をするべきタイミングって分かりづらいですよね。

人生のうちにそう何度も行うものではないため「そろそろかなー」「色褪せてきたなあ」

と思いつつも外壁塗装・屋根塗装に踏み切れていない方は多いと思います。

外壁・屋根の保護をするためにも必要な塗装。

そんな外壁塗装・屋根塗装をするべきタイミングについて解説していきたいと思います。

住まいるペイントでは無料相談・無料見積もり実施中

お問い合わせはコチラから

 

外壁塗装・屋根塗装をするべき症状やサインとは

外壁塗装・屋根塗装をするべきタイミングとして皆さんが一番悩まれるのは

外壁・屋根に劣化症状見られた時ではないでしょうか。

こんな劣化症状が出ているけど大丈夫かな?

と不安な方は、それぞれの劣化症状の危険性と塗装するタイミングについて一緒に見ていければなと思います。

1.チョーキング現象

外壁に当たったときに壁の色がついたことはないでしょうか?

これは「チョーキング現象」という外壁の劣化症状です。

チョーキング現象」とは、紫外線や日射、雨風などの影響で塗装が劣化することにより引き起こります。

チョーキング現象が現れているということは塗料の耐久力が低下しています、

このような症状が見られた場合は、外壁塗装をするタイミングかなと考えていただきたいと思います。

また、チョーキング現象は劣化症状の中でも特にわかりやすく、誰でもチェックできますので覚えておきましょう。

2.ひび割れ(クラック)

外壁のひび割れは、その箇所から雨が入り込みます。

ぞの結果、建材のカビや腐食の原因となります。

深刻度が高い症状であり、放置しておくとその他の部分の劣化を進める原因とも

なりますので、早めに外壁塗装専門店にご相談してみましょう!

住まいるペイントでは無料相談を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはコチラから

3.雨漏り

雨漏りが起きたということは外壁・屋根に問題が起きているということです。

上述した外壁のひび割れや、屋根のひび割れ、防水シートの劣化などの可能性が挙げられます。

また天井や屋根裏にシミが見られた場合も、実際に水滴が落ちていなくても雨漏りが起きていることがあります。

一度チェックしてみましょう!

雨漏りによる天井のシミ

雨漏りもひび割れ同様、建材の劣化に直結するため早急なメンテナンスが必要となります。

4.外壁の汚れが目立つようになってきた

外壁の汚れ

最近外壁が汚れやすくなってきたなと思い始めた時も、外壁塗装をするタイミングと言えます。

外壁に汚れやすくなったということは、塗料の耐久年数をこえており、塗料の防水性や防汚性が低下している可能性があります。

塗装業者に塗装が必要か診断してもらうのがいいでしょう。

●外壁のメンテナンスは定期的に

耐久年数は超えておらず塗装の必要が無いタイミングでも、外壁・屋根のメンテナンスは定期的に行うことをおすすめします。

使用されている塗料には、それぞれ遮熱性・防汚性・耐候性などの性能を持っています。
しかし、塗装表面に汚れが付着してしまうと性能が落ちてしまいます!

屋根・付帯部の塗装を行うべきタイミング

外壁塗装を行う場合は屋根・付帯部など他の場所も同時に塗装を行うことをおすすめします。

特に屋根と外壁を同時に塗装することで、足場代などの塗装以外の費用がまとめてもらえますので、
別々に塗装するよりもセットで塗装を行う方がお得になることが多いです。

1.屋根塗装を行うタイミング

屋根は外壁と異なり、自身で劣化具合を確認することが出来ないため、10年に1度ほどは専門業者に依頼して点検してもらいましょう。

屋根は日射、雨風を最も多く浴びるため、外壁よりも劣化が進みやすい箇所です。

雨漏りが起きてからでは遅いです!少しでも気になった方は点検・診断を行ってもらいましょう!

住まいるペイントでは無料相談・無料診断を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはコチラから

●太陽光設置リフォームの前に屋根塗装を

近年、戸建て住宅に太陽光発電パネルを設置する方が増えています。

屋根の塗装や補修は太陽光パネルを設置する前に行うことをおすすめします。

太陽光パネル設置後に屋根塗装をするとなると、パネルの養生が必要となり、屋根塗装の工事費用が増えてしまう場合があります。

●屋根塗装におすすめの塗料

屋根は日射、雨風を最も多く浴びる場所ですので、性能の高い塗料を使用することもおすすめです。

しかし、性能が高い塗料ほど費用が高くなりますので、しっかりと専門業者と相談し考えるのがいいでしょう。

住まいるペイントではショールームをオープンしており、

相談しやすい、塗料の性能を理解しやすい環境を整えております!

ショールーム情報はコチラから

2.付帯部塗装のタイミング

雨樋、軒天、破風板といった付帯部も、外壁塗装・屋根塗装をするタイミングで行っておきましょう。

これらの箇所にサビ・色あせが見られると、外壁・屋根を綺麗にした分目立ってしまう恐れがあります。

また、付帯部塗装のだけのために養生費などを払うことももったいないと感じてしまうはずなので
一緒に行っておくことをおすすめします。

 

塗装のタイミングは塗料の耐久年数によって決まる

外壁塗装・屋根塗装で使用される塗料には種類があり、それぞれ耐用年数が違います。

つまり、使用した塗料の耐用年数によって次の塗装のタイミングが決まります。

1.塗料の耐用年数

外壁塗装用の塗料は、

アクリル樹脂系塗料:約5~8年

ウレタン樹脂系塗料:約8~10年

シリコン樹脂系塗料:約10~12年

ラジカル制御系塗料:約12~15年

フッ素樹脂系塗料:約15~20年

という順番で、耐久性が高くなります。

2.価格と耐用年数・性能を比較して自分にあったプランを選びましょう!

リーズナブルな塗料は一度の工事費の価格を抑えることはできますが、次の塗装が必要になるまでの期間が短く、長期的な目で見ると安いとは言えません。

引っ越しをする可能性があるのに最高グレードの塗料を使用するものもったいないという可能性もあります。

また、地域によっては耐用年数だけでなく、遮熱性・断熱性で選ぶのもいいかもしれません。

人生で多くはない塗装の機会、後悔しないようにしっかりと塗料を選ぶ時間をとりましょう。

住まいるペイントは外壁塗装・屋根塗装専門店のため多くの塗料をご用意しております。

お客様にピッタリの塗料をご紹介いたします。

 

まとめ

今回は外壁塗装・屋根塗装をするタイミングについてお話してきました。

劣化症状が一つでも見られる、少し不安だなと思われた方はぜひ住まいるペイントにご相談ください。

無料診断・無料見積もりを行っております。

お問い合わせはコチラから

========================================

最終的には、塗装業者の誠実さで命運を分けます!

建物の塗替えをする際に、何よりも大切なのは、「塗料の機能は、塗装職人の技術による適切な塗装により、建物を長く良い状態に保ってくれる」ということです。

建物の状況によって、最適な塗料は変わります。

塗装の技術力とご提案には、ぜひ一度、練馬区の塗装会社〈住まいるペイント〉にご相談ください。誠実な対応をさせていただきます。

========================================

《営業エリア》練馬区を中心に東京都内および近郊

練馬区の外壁塗装は〈住まいるペイント〉へお気軽にお問い合わせ下さい!!

住まいるペイント

お問い合わせ

FAX:03-5935-9163
営業時間8:00~20:00まで
※お問い合わせ以外の営業電話はご遠慮願います。
© 株式会社住まいるペイント
All Rights Reserved.