🌱【外装リフォーム成功のための豆知識③🌱】 外壁塗装は「下地処理」にもこだわりを! 塗装を長持ちさせる「正しい洗浄」を詳しく解説!

外壁塗装工事をしようと思ったお客様の多くは「どんな塗料を選ぶか」に特に注目されています。もちろん、塗料選びは外壁塗装工事においてとても重要です。しかしながら、塗料だけにこだわっても、塗装の効果を最大限に発揮することにはなりません。

実は、塗料を塗る前の下地処理がしっかりとされていることが、特に重要なのです。

どんなに性能のいい塗料を使用したとしても、下地処理に失敗していたら、数年で塗料が剥がれてしまいます。最悪の場合、再び外壁塗装を行わなければいけないなんてことも…! お金と時間を使ってこれでは、ガッカリどころではありませんよね。

それでは「下地処理はとても大事!」とお伝えしたところで、その作業の中でも特に重要な工程である「高圧洗浄」について、今回は詳しくお伝えしていきます。ぜひ最後まで読んで、参考にしてくださいね。

塗料を長持ちさせる要素は「洗浄」? 高圧洗浄の必要性とは?

外壁塗装において、塗料を塗る前の下地処理はとても重要な工程です。その中でも、専用の機械を使って壁をお掃除する高圧洗浄は、これから塗る塗料を長持ちさせるために絶対に必要な作業です。

でも、高圧洗浄しているところを実際に目にしたことがある方は少ないと思います。高圧洗浄とは、強い圧力によって噴射される水で、古い塗膜や剥がれかけの塗料、藻やコケなどを洗い流す作業のこと。職人による手作業です。CMなどで高圧洗浄機は見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

では何故この「洗浄」という作業が重要なのでしょうか?それは、外壁に汚れがついたまま塗料を塗ってしまうと、汚れが邪魔で塗料を外壁材に密着させることができないからです。最悪の場合、すぐに塗膜が剥がれてしまいます。または数年かけて塗料が劣化していくこともありますね。

この現象をわかりやすく考えるには「お化粧」をイメージするといいでしょう。たとえば、洗顔しないでお化粧をしても、化粧ノリが悪く仕上がりもよくないですよね。お化粧も落ちやすくなっている状態です。

外壁塗装も同じです。塗装する前に一度キレイに汚れを落としきってから、塗料を塗る必要があるんです。

当サイトには、外壁塗装の工程を「お化粧」に例えて詳しくお伝えしている記事もございますので、ぜひ併せてご覧ください。

🌱【外装リフォーム成功のための豆知識②🌱】 外壁塗装は家のお化粧?慣れない方にもプロがわかりやすく説明します!
「そろそろ家のメンテナンス時期だけど、「外壁塗装」ってよくわからない」 初めて外壁塗装について調べていると、色々な専門用語が出てきて混乱してしまうかもしれません。特に女性の方からは、工事というものに馴染みがなくて質問しにくいと...

どれが向いてる? 高圧洗浄は3種類!

それでは、「高圧洗浄」は具体的にどんな作業なのでしょうか? 高圧洗浄には3つのタイプがありますので、まずはご紹介します。

・通常タイプ

専用の機械を使用して高圧の水で洗浄します。排気ガスなどの汚れが主で極端な状態ではない場合、この通常タイプの高圧洗浄をすれば問題ありません。

・トルネードタイプ

トルネードタイプは、専用ノズルの先端が高速回転し、通常タイプよりも約1.3倍程度の水圧で汚れや付着物、浮いている塗膜などを洗浄できる高圧洗浄機です。

注意したいのは、特にトルネードタイプの高圧洗浄機を使った場合、洗浄後にしっかりとすすぎをする必要があることです。

この洗浄の原理原則を理解していない業者さんは結構いらっしゃいます。そして、単に汚れを落としただけでそのまま塗装工事を始めてしまい、塗装が上手くのらずに数年で塗料が剥がれてしまうなんて事例もあります。

この点は注意が必要です。

🔻詳しくは動画をご覧ください。

スレート瓦の高圧洗浄トルネード式 【外壁塗装 】住まいるペイント

・バイオ洗浄タイプ

通常タイプとは異なり、専用の薬品を使用した洗浄方法です。

カビやコケなどの雑菌による汚れが多い場合、根こそぎ洗い流すこのバイオ洗浄がとても効果的です。通常では落としきれない 0.01 mmにも満たないピンホール(穴)に潜んでいるカビや藻、ブロック塀の汚れまでも根こそぎ落とすことができます。また殺菌消毒作用もありますので、再発を防ぎます。

当社では、ご自宅の外壁を拝見し、もっとも効果的で費用対効果を考えた洗浄法を提案しております。不安な方はぜひご相談くださいね。

高圧洗浄の正しい施工手順をご紹介

最適な高圧洗浄機を選べても、施工手順が間違っていては汚れがキレイに落ちません。続いて、高圧洗浄の正しい施工手順を紹介していきます。

ちなみに、工期は半日〜1日ほどかかります。あまりに早く終わってしまうようなら、手抜き工事を疑わなくてはなりませんのでご注意ください。

【高圧洗浄の正しい施工手順】

(1)飛散防止ネットで建物を覆う

高圧洗浄するときは、どうしても水が飛散してしまいます。そのため、汚れた水がお客様のお車や近隣の建物等に飛び散らないように、飛散防止ネットで建物を覆います。このとき、照明や電気機器など水に濡れてはいけない部分もビニールで養生していきます。

(2)バケツなどに水を溜める

高圧洗浄は、蛇口にホースを繋ぐのではなく、高圧の水を安定して供給できるように一旦バケツに水を溜めて行います。

(3)洗浄開始

壁材の種類や劣化の具合によって、水圧を調整しながら作業を進めていきます。

(4)乾燥

洗浄後は1〜2日の乾燥期間をとります。乾かさないですぐに塗料を塗ってしまうと、不具合の原因となってしまいます。

このように、正しい工程を理解した上で作業できる業者にお願いしたいですね。

経験豊富で様々なご依頼を受けてきた弊社にぜひおまかせください!

今回は、塗料を長持ちさせる秘訣である「高圧洗浄」について詳しくお伝えしてきました。中には、初めて聞くお話もあったのではないでしょうか?

外壁塗装工事は、毎年など短い期間で行うものではありません。7年〜10年と長い期間を空けての工事となりますので、塗料だけではなく下地処理にもこだわる必要があります。そして、「洗浄が不十分」というだけで、どんなに高品質な塗料を使用したとしても機能を発揮できない場合もあります。

作業工程一つひとつの重要性を理解していない知識不足な業者や、手抜き工事をする悪徳業者に任せてしまうと、折角の工事が台無しです。

弊社には、私含め、外壁塗装の正しい知識がある経験豊富なスタッフが揃っております。

生涯にわたってお付き合い頂けることが目標であり前提ですので、常に高品質な工事とサービスを提供してまいります。

工事についてなどお悩みなどございましたら、どんなに小さなことでもお気軽にご相談ください。

 

========================================

最終的には、塗装業者の誠実さで命運を分けます!

建物の塗替えをする際に、何よりも大切なのは、「塗料の機能は、塗装職人の技術による適切な塗装により、建物を長く良い状態に保ってくれる」ということです。

建物の状況によって、最適な塗料は変わります。

塗装の技術力とご提案には、ぜひ一度、練馬区の塗装会社〈住まいるペイント〉にご相談ください。誠実な対応をさせていただきます。

========================================

《営業エリア》練馬区を中心に東京都内および近郊

お気軽にお問い合わせ下さい!!

 

 

住まいるペイント

お問い合わせ

FAX:03-5935-9163
営業時間8:00~20:00まで
※お問い合わせ以外の営業電話はご遠慮願います。
© 株式会社住まいるペイント
All Rights Reserved.